様々な講座の種類や情報

講座・ソフトウェア開発技術者

プログラミングを専攻しようとすると、途中でソフト・ハードの分野で分かれます。
オススメは、ソフトで更にソフトの資格もオススメで、資格ではソフトウェア開発技術者がいいです。
というのも、ハードの場合はまず求人の数が少ないのと、幅広い知識が必要でよっぽどその分野に慣れていないと大変だからです。
また、ソフトの方が情報関連の会社での講座や通信講座・教材が多数揃っていて環境がいいので、この点でもオススメです。
なので、ステップアップも入れて考えても、やはりハードよりソフトの方が良く、また会社での教育でもソフトの方が講座を用意している所が多いそうです。
また、先ほどのソフトウェア開発技術者という資格は、情報システム開発におけるソフトウェア開発の工程で、外部仕様に基づき、内部設計やプログラムの設計・開発を行うために必要な知識・技術の証明となる資格。 
資格の合格率は11?16%程度で、専門職の資格の中では中堅的な合格率です。本格的に資格試験の対策を練って勉強すれば、そこそこ合格できると言う確率でもあります。
また、講座を受講した場合の合格率は20?30%とそこそこに高いので不安な方は是非講座の会場や通信講座のサイトにて相談を受けるようにして下さい。
そして、この資格ですが殆どのソフト制作会社で必要とされている資格なので、就職率の増加や実際に職に就いている人の場合では2万円以上の資格手当てが出たりする人気の資格です。

厳選7

# サイト名 PR リンク